ホームページへの誘導対策としての「雑誌広告」

ターゲットが情報源として購読する専門情報誌へ広告を出稿することは、展示会と並んで B to B 企業にとって欠かせない情報発信方法でした。しかし、インターネットが活用されるようになり、専門誌への広告出稿は大幅に減少しています。だからといって専門情報誌が情報源としての価値を失ったわけではありません。広告掲載料が高いために、情報発信方法としてインターネットにそのシェアを奪われているだけです。今でもターゲットが重要な情報源としている価値の高い媒体への広告出稿は、貴社のブランド構築という点でも大きな影響力を持ちます。

 

専門情報誌への広告出稿とホームページの関係は「車の両輪」です。「広告のためのホームページ」というよりは、「ホームページへの誘導のための広告」という流れになっているといっていいでしょう。

しかし、専門情報誌へ広告を出稿する費用は決して安くありません。営業予算・販促予算の限られた企業には、そう簡単に広告を出せる媒体ではありません。広告掲載料だけでなく原稿制作費も必要になります。ホームページへ誘導するという目的だけのために広告を出すことは、現実的ではありません。

 

専門情報誌には、貴社の製品やサービスが属するジャンルに関する特集企画がある場合があります。また、マーケットにおける主要な展示会にあわせたプレビュー企画があります。そういった編集企画・広告企画にあわせて広告出稿を検討する、新製品発売時や展示会出展などのタイミングで活用を検討することが現実的な選択肢でしょう。

 

 

HPノウハウ告知(小)-480.jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 


展示会.jpg

→TOPページへ.jpg

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg