インターネット広告

ホームページへターゲットを誘導する方法として、ターゲットが情報源として活用しているメディアをホームページへの誘導に活用する方法があります。特にインターネットメディアは、クリックひとつでホームページにアクセスできることからホームページへの誘導に直結します。

 

例えば、弊社の得意分野である生産財・エレクトロニクス・機械関連技術者のインターネットにおける情報源の代表的なものが、日経 BP 社の運営する 「Tech-On!」 です。「Tech-On!」 には、様々な広告メニューがあるのですが、代表的なバナー広告・メール広告・ターゲティングメールについて簡単に説明します。

 

1.バナー広告

 

日経 BP 社の専門情報誌を購読されている方ならご存知かと思いますが、日経 BP 社にはエレクトロニクス技術者を対象とした「日経エレクトロニクス」、ものづくりに携わるエンジニアを対象とした「日経ものづくり」、半導体・ディスプレイ製造に携わるエンジニアを対象とした「日経マイクロデバイス」などの専門情報誌があります。「Tech-On!」 にも同様にそれぞれの技術者・エンジニアを対象とした「雑誌サイト」と、さらに対象を細分化した「テーマサイト」があります。


バナー広告とは、貴社のターゲットがエレクトロニクス技術者である場合、エレクトロニクス技術者を対象としたテーマサイトに広告を出すことです。実際の画面を見ながら説明します。

 

Tech-On 電子部品.jpg

 

この画面は 「Tech-On!」 の「電子部品テクノロジ」というテーマサイトのトップページです。赤い枠内と青い枠内がバナー広告の広告スペースとなります。バナー広告はキーワード広告と違って、この広告スペースに広告を掲載することに対して広告掲載料がかかります。極端な話ですが、たとえ掲載期間中に 1人もホームページにアクセスしてこなかったとしても広告料金がかかります。


画面上の赤い枠内が「ローテーションバナー」といって、1ヶ月の広告掲載料は¥350,000- です。ローテーションですので、同じ期間中に複数企業の広告出稿がある場合は各広告主の広告が順番に表示されます。この画面では、アルプス電気が出稿していました。

青い枠内が「固定レクタングル」という広告スペースで、1ヶ月の広告掲載料は¥550,000- です。固定ですので掲載期間中 1社でこのスペースを独占できますが、その分「ローテーションバナー」よりも料金設定が高いのです。この画面ではオリンパスが出稿しています。

 

このように、バナー広告の広告掲載料はキーワード広告と比較するとかなり高くなります。広告料金は、出稿する媒体価値があがるほど高くなります。「Tech-On!」の「電子部品テクノロジ」というテーマサイトは、2008 年 12 月のアクセス数が 385,630、総ユーザー数が 63,982 です。キーワード広告と比較すれば広告料金はかなり高いですが、その分絞り込まれたターゲット層に対しより広範囲に貴社製品をアピールすることができます。

広告掲載料が高いこともありますが、「Tech-On!」 へ広告を出稿する企業は有力企業・大企業ばかりです。しかし、日経エレクトロニクス誌へ 4C1P で広告を出稿すると、掲載料だけで 100 万円を超えます。また、「日経エレクトロニクス」へ広告を出稿するような有力企業・大企業と展示会場で肩を並べようとすると、出展料・ブース設営費で 1,000 万円近くは必要でしょう。そういう見方をすれば、インターネット広告は、貴社のターゲット層への知名度・認知度アップにも有効であり、広告メディアとして割安と考えることもできるわけです。ただ営業予算が限られる場合、日常的なホームページへの誘導対策としてではなく、新製品発売時や展示会出展、セミナー・プライベートショーの告知・集客などの使い方に限定されるでしょうか。

 

2.メール広告

 

日経 BP 社では、登録しているエンジニアに対してメール配信サービスを実施しており、平日毎日情報を配信しています。読者はメール配信サービスに登録した方々ですので当然開封率も高く、貴社の想定ターゲットに対して効率よくアプローチすることができます。最近ではメールアドレスをリストとして提供するサービスもありますが、信頼度の低いリストに費用をかけて迷惑と受け取られかねないメール広告を配信することを考えれば、格段に有効であることはお分かりいただけると思います。

広告メニューとしては、「ヘッダー広告」といいますが、配信希望日に日経 BP 社から配信されるメールの最上部に、38 文字× 5 行のテキストが表示されます。当然、貴社ホームページへリンクをはり、ランディングページへ誘導することができます。広告料金は、例えば「日経エレクトロニクス NEWS」の場合配信数約 20 万件で¥250,000、「日経ものづくり NEWS」の場合配信数約 16 万件で¥200,000、「日経マイクロデバイス NEWS」の場合配信数約 12 万件で¥150,000です。


ヘッダー広告同様、メール広告も日常的なホームページへの誘導対策としてではなく、新製品発売時や展示会出展・セミナー・プライベートショーの告知・集客などに限定されるでしょう。

 

3.ターゲティングメール

 

ターゲティングメールとは、「Tech-On!」 登録読者の中から情報ニーズが高く、貴社の想定ターゲットとマッチする読者を抽出し、1 社単独の PR 情報を配信するものです。

1 社単独ですので、メール広告と比較して効果的な PR が可能になりますが、その分広告料金も高いです。 3,000 名の読者を抽出した場合で、1 回の配信料は¥500,000-です。

ただ、送付されるターゲットの精度が高いことと日経 BP 社の看板効果で開封率アップが期待できることから、メール広告と比較するとかなりの効果が期待できるでしょう。

 

 

 

HPノウハウ告知(小)-480.jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 


雑誌広告.jpg

→TOPページへ.jpg

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg