ダイレクトメール

ダイレクトメールもホームページへ見込顧客を誘導する方法として考えられます。

DM というと、郵送によるものを想像されると思いますが、FAX を利用するものや、電子メールを利用するものもダイレクトメールです。ダイレクトメールを送るにはリストが必要です。郵送なら住所と会社名、FAX なら FAX 番号、電子メールならメールアドレス。これらのリストを独自に収集する手段があるのであれば自社でリストを作成することも可能ですが、その手段がない場合やあったとしても効率が悪い場合は、ダイレクトメールサービス、法人リストを提供している企業へ企業規模や業種・地域などを指定して DM の送付を依頼することもできます。

 

ただし注意が必要なのは、送付リストがすでに貴社の見込顧客である場合でも、送付リストを独自に収集した場合でも、もちろん専門企業の持つリストに送付する場合でも、FAX-DM やメール広告は受け取る側からすると自宅ポストに投げ込まれるポスティングチラシと同じように見られるということです。ポスティングされるチラシには、アダルトを対象としたサービス、有害なサービスに関するものも含まれます。お子さんのいる家庭にとっては、迷惑きわまりないものです。電子メールの迷惑メールについては説明するまでもないでしょう。FAX にしても電子メールにしても先方の許可なく送るわけですから、迷惑だと思われる可能性が高いことを忘れないでください。しかし FAX や電子メールを利用するダイレクトメールは、リストにかかる費用を考えなければ送信コストだけで広告をうてる、とても低コストで有効な手法でもあるのです。ですから、ポスティングや FAX-DM やメール広告(迷惑メールが大半ですが)がなくならないのです。

 

  • 電子メールによるダイレクトメールについては、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」によって規制されています。
  • 詳しくは『改正「特定電子メール法」について』のページをご覧下さい。

 

ダイレクトメールによるホームページへの誘導を実施する場合は、第一に「売込」にならないことが必要です。あくまでもホームページによる情報提供やノウハウ集無料プレゼントなどの受け手のメリットになることを告知するというスタンスが重要になります。

ここでのダイレクトメールの目的は、「ホームページへの誘導」なのです。ただの売込になってしまうと、FAX-DM もメール広告も「迷惑」と見られて企業のイメージダウンにつながりかねないことを忘れてはいけません。頼んでもいないのに、押しかけてきて売込をされるのでは押し売りと同じです。郵送の場合なら、よほど大量に DM が届く場合以外、不必要なものはゴミ箱へ捨てるだけなのでそれほど迷惑とは受け取られないかもしれません。しかし、FAX や電子メールはその送信コストが安いため、かなりの確率で日常的に大量に送られてきます。その処理に時間を取られることは間違いなく「迷惑」なのです。営業マンからの飛込み営業電話と同じです。仕事上の大事な電話やFAX やメールを待っている時に、営業電話や FAX-DM ・メール広告が届いたら誰でもいい気持ちはしないでしょう。ですから、ホームページへの誘導のためにある程度予算を確保できるのであれば、FAX-DM やメール広告はお勧めしません。

弊社が DM としてお勧めしているのは、ヤマト運輸などのメール便サービスを利用しリーフレット 1 枚をダイレクトメールとして送る方法です。もちろん印刷費・送料はかかりますが、封筒へ封入する一般的な DM に比べれば封入費用が不要なうえ印刷コストも抑えられます。なにより開封させる必要がないので、ターゲットが手にとってくれればほぼ 100 %リーチすることができます。

 

話がそれましたが、DM を送る場合は受け手の対場で考えて、受け手に本当にメリットのある案内でなければ効果は期待できません。そこのところをよく考えたうえで実施を検討する必要があります。

 

ダイレクトメールの送付を実施するのであれば、郵送にしても FAX にしても電子メールにしても「原稿」が効果を大きく左右します。しかし、ここで説明し始めるとすぐに 50 ページくらい書けてしまうので、ポイントだけ簡単に説明します。

 

【ダイレクトメールにはオファーの提示が必要】

 

売込ではなく、ホームページへの誘導を目的とし、ホームページに用意した受け手のメリットとなるオファーを案内する。

 

【内容を判断する部分が重要】


この FAX 、このメールは何の情報なのかを判断する部分、郵送・ FAX の場合はタイトル/キャッチコピーで、電子メールの場合は送信者名/件名で「課題解決のために役立つ情報の提供」であることをアピールする。

ここで「また売込か」と思われたらすぐにゴミ箱行きです。ほんの数文字で効果に大きな差がでます。

 

【送付・送信日時も重要】


郵送にしても、FAX にしても、電子メールしても受け手が情報を受け取るタイミングも重要です。

受け手はビジネスマンですので、月末や月初めの忙しい時に DM が届いても見てくれる確率はかなり下がります。月曜日の午前中や金曜日の午後も同様です。

郵送の場合は関係ありませんが、FAX やメールの場合は時間帯も重要です。FAX の場合は担当の方が宛先の方のデスクにまで届けることも多いので、夜間に送信しても朝一番で問答無用でゴミ箱行きです。メールの場合も同様です。朝パソコンに電源を入れメールをチェックすると夜のうちに届いたメールが溜まっていることが考えられます。朝は会議や社内・社外との連絡で忙しい時間帯です。忙しいところに不必要なメールが溜まっていればあまりいい気持ちにはなりません。夕方も同様に忙しい、あわただしい時間帯ですので避けたほうがいいでしょう。そうすると、大体絞られてきます。特にデータがあるわけではないのですが、FAX-DM やメール広告を受け取る立場になって考えてみて下さい。


基本的に、ホームページへの誘導を目的としたダイレクトメールのポイントはこれだけです。ダイレクトメールを直接「問合せ」などのアクションにつなげたい場合は、セールスレターの書き方から勉強する必要があるでしょう。メール広告を配信する際には、法律で定められた「規制」を知らなければなりません。また、細かいテクニック的なノウハウは多数の DM 会社から公開されています。もしご興味のある方・もっと詳しくノウハウを知りたい方がいらっしゃいましたら直接ご説明させていただきますのでお問合せください。

 

ちなみに、弊社には十分な営業予算がありませんので、FAX-DM と法令を遵守したうえでメール広告を活用しています。実際に FAX-DM とメール広告で 1〜2 %くらいの反応があり、ホームページ経由で弊社ノウハウ集無料プレゼントにお申込いただいています。FAX-DM ・メール広告の配信停止連絡は 0.01 %程度です。

 

矢印ボタン-ページTOPへ.jpg

 

 HPノウハウ告知(小)-480.jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 


インターネット広告.jpg

→TOPページへ.jpg

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg