ホームページから見込顧客を獲得する方法

弊社の考える「ホームページから見込顧客を獲得する方法」のポイントだけを箇条書きにすると

 

  1. 集客目的のホームページ(新しい営業拠点)を作るという明確な認識を持ち、そのための営業戦略をたて、社内体制(運営体制)を作る
  2. 訪問者に足を止めてもらうための設計をする(顧客の視点でホームページを作る)
  3. ホームページを訪問した顧客の反応をとるための仕掛け(ノウハウ集など)を用意する
  4. 有望見込顧客を抽出するための仕掛け(サンプル提供や個別デモ)を用意する
  5. ホームページへの訪問者を増やす
  6. 獲得した見込顧客を営業資産として維持・育成するためのフォローアップメールを配信する
  7. リアルな営業活動により、抽出した有望見込顧客を営業案件化する
  8. PDCAを積み重ね、適切に運営していく

 

となります。お気づきでしょうか。このポイントの「訪問者」を「来場者」、「ホームページ」を「展示会ブース」に置き換えると、そのまま「展示会で新規顧客を獲得する方法」になるのです。

 

集客するホームページを作ることは、展示会ブースへ来場者を誘導して名刺情報(見込顧客)を獲得することと同じです。営業戦略をたて、社内体制(運営体制)・出展予算・出展製品を決定し、ブース設営会社(ホームページ制作会社)に依頼してレイアウトとブース装飾プラン(ホームページデザイン)を作成し、来場者の目を引くサイン(キャッチコピー)・足を止める仕掛けを考え、パンフレットやノベルティを準備し、招待状・ダイレクトメールを発送したり、広告をだしたりします。数ヶ月前から準備をし、少なくない労力を使って展示会本番を迎えるのです。そして展示会後には反省点や改良すべき点を洗い出して次回の展示会出展をより効果的なものにしようと努力するのです。

 

ホームページは、今や B to B 企業にとって展示会出展・専門誌への広告出稿と同等あるいはそれ以上に重要な「集客方法」のひとつです。何の準備もしないで展示会に出展しても良い結果が得られないのと同じように、ただ会社案内情報・製品情報だけをホームページに掲載しただけではホームページから見込顧客を獲得することはできないのです。

 

貴社が専門情報誌やイプロスなどのポータルサイトへ広告を掲載した場合、その広告を見た見込顧客が貴社ホームページにアクセスし「資料請求」をしてくることはあるでしょう。しかし、ホームページの内容次第ではせっかくホームページにアクセスしてくれた見込顧客を取り逃がしているかもしれないのです。ホームページは展示会や広告の効果をも左右する重要な顧客接点・見込顧客にとっての「貴社への入口」なのです。

 

「ホームページから見込顧客を獲得する方法」 コンテンツ

 

  ホームページの営業戦略と運営
  ホームページの設計
  コンテンツ(発信するべき情報)
  オファー(見込顧客を獲得するための仕掛け)
  有望見込顧客の抽出
  ホームページへの訪問者を増やす
    SEO(検索エンジン対策)
    キーワード広告
    ダイレクトメール
    インターネット広告
    雑誌広告
    展示会
  フォローアップメール

  改正「特定電子メール法」について

 

 

 

 HPノウハウ告知(小)-480.jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 


HPの営業戦略と運営.jpg

→TOPページへ.jpg

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg